www.marryjane_main.jpg

そもそもCBDとは?

~多くの可能性を秘めたこれからのオールマイティーサプリ~

CBDについて

CBDとは「カンナビジオール」の略でヘンプ(産業大麻)から抽出される成分の一つです。近年欧米で自然療法として、サプリメントとして、また美容の分野等でも大変注目が集まっています。

ヘンプには「カンナビノイド」と言われる80種類以上もの成分が含まれており、CBDはそのうちの一つで有用性が最も高い成分です。

カンナビノイドのひとつ、THC(テトラヒドロカンナビノール)のような精神活性作用はなく、合法な成分ですので安全に利用できます。

世界中の様々な研究によりCBDの有用性が報告されており、2018年にはWHOがCBD成分の有用性や安全性を正式に発表しました。今日ではがん、てんかんなどいくつかの病気の治療の助けになると言われています。

CBDの汎用性は高く、私達の心と体の健康について多くの利点が(人だけでなく動物にも)あると言われています。CBDオイルはストレス社会に生きる現代人の様々な心身の不調をケアし、病気予防のサポートをする新たなツールとなるでしょう。

www.marryjane_otestudai.jpg
CBDがお手伝いできる様々なこと

BODY

疲労

偏頭痛

炎症や痛みの軽減

てんかん

がん

肌荒れ

アンチエイジング

アトピー性皮膚炎

MIND

 

不眠

ストレス

不安症

うつ

PMS

認知症

統合失調症

禁煙

脾臓

膵臓

免疫力

AdobeStock_288185880 [更新済み]ECS.jpg
About ECS

人の体内には、ECS(エンド・カンナビノイド・システム) =身体調節機能と呼ばれるものがあります。

ECSは、食欲、痛み、免疫調整、感情制御、運動機能、発達と老化、神経保護、認知と記憶など生態系機能の恒常性を維持する為のとても大事な働きをしています。

CBDはECSを活性化させ、相互作用することによって機能します。

AdobeStock_292944095 [更新済み]receptors3.jpg
全身に存在するカンナビノイド受容体

神経細胞に多い 脳 肺 心臓 生殖器 筋肉

免疫細胞に多い 脾臓 膵臓 腸 免疫力 骨

薬やハーブが効果をもつのは、それらの成分が人体に元々存在する物質あるいは類似物質であることが理由と言われています。

CBDには植物性(フィト)カンナビノイドが、人体にもカンナビノイド(内因性カンナビノイド)が存在します。それらが体内に多数存在するカンナビノイド受容体と結合して様々な化学反応が起こるのです。

young-businesswoman-feeling-sick-while-working-on-a-computer-in-the-office_637285-1214.jpg
現代人はカンナビノイド欠乏症!?

ECSは加齢や強いストレス、生活習慣の悪化などにより低下してしまい、様々な神経系や免疫の不調が現れます。

これが「カンナビノイド欠乏症」の状態です。

体内で減少してしまったカンナビノイドはCBDを摂取することでその不足分を補い、不調の改善の手助けとなります。