ホメオパシー

Marry Janeについて

マリージェーンが大切にしていること

​環境への取り組み

01

02

自社農園

03

オーガニック

品質管理・保証

04

MarryJane社はスイスに拠点を置く、合法的なヘンプ(産業大麻)を扱うメーカーです。

2017年設立とまだ新しいですが、短期間のうちにスイス最大のCBD企業に急成長しました。現在も欧米を中心に急速に発展しているCBD市場のニーズに応えるべく様々な準備を進めています。

 

スイスは2011年にテトラヒドロカンナビノール(THC)の含有率が1%までのヘンプ栽培が合法化され、オランダ他のヨーロッパ数ヵ国と並んでヘンプ製品の生産や栽培等に関しての経験値は高く、CBD製品の開発としても先進国と言えます。

01​環境への取り組み

MarryJane社はサステナブル(持続可能)な製造プロセスとその使用を重要視したエシカルな取り組みをしています。160トンのバイオマス(再利用可能な有機性のエネルギー資源)を所有し、ヘンプの室内栽培農園の屋上には太陽光発電設備があります。晴れた日は、その電力のほぼ全ては太陽エネルギーによって運営されています。

03オーガニック

Marry Janeは高品質なオーガニックのCBD製品を提供しています。動物性原料も使用していませんので(プロポリス製品は除き)ビーガンの方にも安心してお使い頂けます。

天然成分のみを使用し、日本市場向けにTHCは完全にフリーに開発されました。

下記成分においても一切使用していません。

 

・農薬 ・除草剤 ・着色料 ・香料 

・保存料 ・乳糖 ・グルテン ・人工添加物

02自社農園

ヘンプの栽培はすべて自社で行い、屋内・屋外の両方に農園を完備し、双方の特徴を生かした高品質なヘンプ栽培をしています。屋内農園においては温度や湿度などの気候条件は自動的に調整され、持続可能なシステムを通じて潜在的に高い含水量を維持しており、蒸発した水は巨大な缶に集められ再利用されます。スイスで最も近代的で環境に優しいプランテーションの1つです。

04品質管理・保証

栽培からのすべてのプロセスはISO 9001の認証の元、厳格な品質規制を使用して、社内で直接行われています。原材料から最終製品の配送まで追跡可能な環境下にあり、品質保証に対して体系的にアプローチしています。また出荷されるすべての製品は、安定した品質を証明するためにISO / IEC 17025認定を取得した第三者機関によって下記の3回に渡って分析されます。

1.麻のエキス抽出時

2.官能検査 

3.CBDとTHCの検出テスト